Honda VEZEL Modulo X

開発アドバイザー:土屋圭市氏

開発アドバイザー:土屋圭市氏

SCROLL

すべては走る歓びのために。こだわりのロングツアラー、VEZEL Modulo X。

風を味方につけるエアロ形状。キーワードは”実効空力”

Modulo Xがそのエクステリアで追求するのは、ドレスアップカーのような派手さでも、レーシングカーのように強大なダウンフォースでもない。その両方をさりげなく、だがノーマルとは一線を画したレベルで兼ね備えた、上質な存在感と“実効空力”である。

“実効空力”とは、「空気抵抗から逃げるのではなく走りに活かす」という考え方をベースに、徹底した走行テストを通じて、走行中に発生する車体のリフトを前後ともバランスよく下げられる形状を導き出すという、FD2型「スポーツモデューロ シビックタイプR」以来連綿と受け継がれている、ホンダアクセスの設計理念。

これにより、主に中高速域で四輪への垂直荷重を空力によって増大させてグリップ限界を高め、コーナリングパワーも増大させることで、ステアリングレスポンスと外乱に対する収斂性を同時にアップ。またロールやピッチングを抑え、限界域での荷重の抜けを起こりにくくすることで、矢のようにまっすぐ走る直進安定性と、よりリニアなハンドリングを実現する。

手間暇を惜しまず、納得いくものに仕上がるまで決して発売にGOサインを出さない、職人気質のModulo X開発陣がVEZEL Modulo Xの開発において、特にこだわり抜いて仕上げたのが、この“実効空力”に基づくボディ下部の空力処理だ。

ベース車両に装着されているフロントバンパー下部左右の大型整流板を除去する一方、フロントエアロロアーガーニッシュ下部中央に段差を設け、さらに2本のフィンを追加。リアバンパーも底面形状を変更しつつ、リアエアロロアーガーニッシュ中央にフィンを1本追加した。そのほかにも細部にわたって形状を整えるなど、空力に徹底してこだわっている。

Honda Carsやオートサロンで実車を見る際はぜひ、Modulo Xのボディ下部をよく観察してみてほしい。前後のエアロガーニッシュに備わるこの「フィン」が、走る歓びをもたらす肝のひとつなのだ。

READ MORE CLOSE

大切なのは絶対的な軽さや剛性ではない。そのバランスだ。

スポーティモデルのアルミホイールでは、絶対的な軽さと剛性の高さに注目が集まりがちだが、Modulo Xでは、これら以上に重視していることがある。それが、“軽さと剛性のバランス”なのだ。

ホイールも、程度の差こそあれタイヤと同様に、走行中の路面からの入力を受けて変形と復元を繰り返している。従って、その変形・復元の仕方によって、車両全体の挙動特性や乗り心地は大きく変わる。

そのため、VEZEL Modulo Xでは、FF車は18インチ、4WD車は17インチ、ともにベース車両のサイズを維持しながら、より上質かつ迫力のあるホイールデザインを追求。そのうえで多数のアルミホイールを乗り比べ、ディスクとリム、ハブ面の重量および剛性バランスに関する性能目標を設定し、最終的には、裏面加工の削り量によって車両操安・乗り心地を調整。Modulo X開発陣が目指した挙動特性にマッチする専用設計のアルミホイールを完成させた。

READ MORE CLOSE

大切なのは絶対的な軽さや剛性ではない。そのバランスだ。

一般的にSUVは、セダンや通常のハッチバック車より全高も地上高も重心も高く、絶対的な重量も重い傾向にある。そうした基本特性を踏まえ、“実効空力”によって操縦安定性の大幅な向上を図っているVEZEL Modulo Xだが、空力の影響が少なくなる低速域では、サスペンションの働きがより重要になってくる。

Modulo X専用サスペンションは、アッパーボディの動きを抑えつつ操舵レスポンスを高め、かつ路面の凹凸をしなやかにいなし、四輪のタイヤ全てが路面を捉え続け、そのポテンシャルを最大限発揮できるサスペンションセッティングを追求。ドライバーはもちろん同乗者も安心して走りを楽しめ、同時にドライバーは打てば響くハンドリングを、同乗者はフラットライドで快適な乗り心地を満喫できる、より上質でスポーティな走りを目指した。そのなかでもFF車はより旋回性能を重視、Modulo Xシリーズ初となる4WD車では快適性をより重視したセッティングとなっている。

READ MORE CLOSE

走る歓びを満たす走行性能。こだわりのシート抜きでは味わえない。

どれほど空力やサスペンション、ホイールを作り込んで、旋回性能に操縦安定性、乗り心地を高めたとしても、シートのホールド性が不足していれば、ドライバーは運転に集中し、その磨き抜かれた走りを堪能することができない。

そのため、ノーマルの時点で高いポテンシャルを持つVEZELをさらに上回るコントロール性を目指したVEZEL Modulo Xには、Modulo Xとしては初めて専用設計のフロントスポーツシートが与えられることになった。

歴代TYPE Rでも実績のあるラックススエード(セーレン株式会社製)とプライムスムース(合皮)のコンビを表皮に用いたそのシートは、ヘッドレストをシートバック一体形状としたセミバケットタイプ。

そして、シートバックを中心としてサイドサポートを大型化した専用形状のクッションは、様々な硬度のものを乗り比べる中で、VEZEL Modulo Xの走りにマッチした仕様を決定した。シートヒーターも備わっているので、ワインディングなどで上質かつスポーティな走りを満喫できるのはもちろん、ロングツーリングでも疲れにくく快適なドライブを楽しめるように仕立てられている。

READ MORE CLOSE

開発アドバイザー:土屋圭市氏 開発アドバイザー:土屋圭市氏

通称「ドリフトキング」で親しまれるレーシングドライバー。
Modulo Xの開発アドバイザーも務めている。
VEZELにおいても、これまでの同シリーズと同様にホンダアクセスの開発者とともに鷹栖のテストコースを走り込み、VEZEL Modulo Xを仕上げた。
土屋圭市氏

VEZEL Modulo Xバリエーション VEZEL Modulo Xバリエーション

VEZEL Modulo Xは3つのバリエーションを用意。172PS/220N・mを発揮する1.5ℓVTECターボエンジンを搭載したTOURING Modulo XのFF車を筆頭に、7速デュアルクラッチトランスミッションを核とする1.5ℓ i-DCDのハイブリッドシステムを搭載するHYBRID Modulo Xを設定。HYBRIDではFF車のほか、Modulo Xシリーズでは初となる4WD車を設定している。

  • TOURING Modulo X
    Honda SENSING(FF)

    3,528,800円(消費税込み)

    ボディーカラーは有料色
    (プレミアムクリスタルブルー・メタリック)
    別途60,500円(消費税込み)

  • HYBRID Modulo X
    Honda SENSING(FF)

    3,467,200円(消費税込み)

    ボディーカラーは有料色
    (プラチナホワイト・パール)
    別途38,500円(消費税込み)

  • HYBRID Modulo X
    Honda SENSING(4WD)

    3,617,900円(消費税込み)

    ボディーカラーは有料色
    (プレミアムクリスタルレッド・メタリック)
    別途60,500円(消費税込み)

詳しくは…

Honda Access公式YouTubeチャンネル

群サイで比較試乗!コンプリートカーの性能を開発者が徹底解説!エアロダイナミクス編
https://youtu.be/Wvwdvho56PE

開発アドバイザー土屋圭市氏と試す VEZEL Modulo X 体感試乗会へご招待! 2020年1月25日(土) 場所:千葉県某所

※当選者にのみ、試乗会場をご案内いたします。

VEZEL Modulo XとベースとなったVEZELの比較試乗や土屋圭市氏との同乗走行体験、スペシャルトークショーなどスペシャルなコンテンツ盛りだくさん! VEZEL Modulo XとベースとなったVEZELの比較試乗や土屋圭市氏との同乗走行体験、スペシャルトークショーなどスペシャルなコンテンツ盛りだくさん!

応募受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

※過去の試乗会の様子

抽選で10組20名様